○乙訓福祉施設事務組合公用車管理規程

昭和55年6月10日

訓令第3号

(目的)

第1条 この規程は、乙訓福祉施設事務組合が所有する自動車及び原動機付自転車(以下「公用車」という。)の管理を適正にし、その使用の効率化を期するため、必要な事項を定めることを目的とする。

(適用の範囲)

第2条 この規程は、乙訓福祉施設事務組合常勤職員及び非常勤職員のすべてに適用するものとする。

(管理)

第3条 公用車は、所属長がこれを管理する。

(使用の許可)

第4条 公用車を使用する者は、旅行命令簿の所定の欄に記入し、所属長の許可を受けなければならない。

(運転者の報告義務)

第5条 運転者は、公用車の使用終了後すみやかに運行記録表(別記様式)に所定の事項を記入しなければならない。なお、使用中における車両の異状については、すみやかに所属長に報告しなければならない。

(私用の禁止)

第6条 公用車を私用に供してはならない。

(亡失又はき損)

第7条 公用車を亡失又はき損したとき、その運転者は直ちに所属長に申告しなければならない。

(交通事故の処置)

第8条 公用車の運転中に事故が発生したときは、運転者は必要な措置を講ずるとともに、すみやかに所属長に報告しなければならない。

(運転者の責任)

第9条 運転者が故意又は重大な過失により公用車を亡失し、若しくは損傷したとき、若しくは他人に損害を与えたとき、又はこの規程に違反して公用車を運転したときは、運転者はこの責に任じなければならない。

(交通事故の審査)

第10条 公用車で交通事故を起した職員に対する事務組合の措置については、厳正な審査のうえ、管理者がこれを決定する。

2 事務組合の賠償額に対する本人の事務組合に対する賠償額は別表の定める基準により決定する。

(その他)

第11条 この規程に定めるもののほか、必要な事項はそのつど管理者が定める。

附 則

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年訓令第4号)

この訓令は、公布の日から施行する。

別表

順位

決定の内容

本人の賠償額

1

職員の重大な過失による場合

事務組合の負担すべき賠償額から事務組合に収入される保険金等を差し引いた額(以下事務組合の支出額という。)

2

職員の過失による場合(注意力不足のとき)

事務組合の支出額の60%以内

3

不可抗力の場合

なし

画像

乙訓福祉施設事務組合公用車管理規程

昭和55年6月10日 訓令第3号

(昭和57年10月12日施行)